オンプレミス型メール配信システムの概要

セキュリティ対策ならオンプレミス型メール配信システム

日々のビジネスにおいてメールは必要不可欠です。取引のエビデンスとして使うこともあれば、備忘として過去のメールを残しておくなんてこともありますよね。システムを管理する側として、気になる点はやはりメールサーバーをどこにおくかということ。最近、多くなってきているのがある企業が持つデータセンターのサーバーにシステムを置くクラウド型。サーバーを自社内に置かないので利便性が高く、利用した分だけ費用が掛かるというのは経済的だとは言えますが、外部にメールサーバーを置くことは少し不安だと感じる人もいるでしょう。そこで自社内でサーバーを所有するオンプレミス型のメール配信システムを採用する企業もあります。ネットワークが自社内で完結するので、クラウド型に比べて余計な通信が発生せずセキュリティ対策になっていることがわかります。

オンプレミス型とクラウド型をどっちも活用するという方法

ただ、オンプレミス型であるとサーバーを自社内で管理するということでデメリットも生じます。単純に場所をとるということもありますし、膨大なメールを管理するサーバーは大変高価です。そこで、オンプレミス型とクラウド型の両方のメリットを活用したハイブリッドクラウドというシステムを採用するといいかもしれません。これは一部のシステムをクラウド上で管理し、絶対に外部に置きたくない機密情報のデータなどを含むサーバーは自社内に置くという方法です。ハイブリッドクラウドを利用すればセキュリティ対策というオンプレミス型最大のメリットと、管理のコストや災害対策といったクラウド型のメリットを両方享受できるため、メール配信システムとして非常に有効ではないでしょうか。

© Copyright Expect To Deliver Mail.All Rights Reserved.