オンプレミス型メール配信システムのデメリット

システムを運用するために高額なコストが掛かることもある

オンプレミス型のメール配信システムは、外部の業者からサーバ機器などの購入をする必要があり、初期費用だけでなく維持費用の支払いが必要となるため、後々のコストの負担を見据えて導入を検討することが大切です。特に、高性能のシステムを導入する際には、自社内に営業のノウハウを持つ社員が少ない場合でも、メール配信の作業をスムーズに行えるようになりますが、月々の支払い額が高くなりやすい傾向があります。そこで、コストを節約しながら最新型のオンプレミス型のシステムの導入を考えるにあたり、日ごろから業界内で実績のある業者が提供しているシステムの魅力をチェックしたり、複数の業者の料金相場を比較したりすることがおすすめです。

インフラ調達のために時間が掛かりやすい

オンプレミス型のメール配信システムを快適に利用するためには、専門の業者にサポートを受けながらインフラ調達をしっかりと行う必要があるため、時間を消費しやすいというデメリットもあります。特に、本格的にメールマーケティングを展開したい場合には、ビジネスメールや営業に関する様々なノウハウのある業者にお世話になることが大切です。最近では、短期間でそれぞれの企業の事業に適したオンプレミス型のメール配信システムの開発をしてくれる業者も増えており、余裕を持って様々な業者の過去の取り組みに注目をすることがおすすめです。なお、インフラ調達に掛かる時間については、システムの機能性やセキュリティなどに大きく左右されるため、熟練したスタッフとよく相談をして、ニーズに合うシステムを導入することが大事です。

© Copyright Expect To Deliver Mail.All Rights Reserved.