クラウド型メール配信システムの概要

メール配信システムとは

「メール配信システム」を簡単に言うと、多くの人に向けてメールを一斉に配信するサービスです。メールマガジンなどをパソコンやスマートフォンに一括で配信するシステムです。あらかじめ配信するメールを作成しておけば、指定した時間にユーザーに向けて一斉配信されます。メール配信システムでは、ユーザーのメール開封率や、クリック率を測定することができます。顧客が求めている商品やサービスなどの情報が共有できるため、メールによるマーケティングが可能です。メールマガジンの送信の他に、ステップメールの配信やメールによる配信効果の測定ができます。ステップメールとは、資料のダウンロードや会員登録などのアクションを起こしたユーザーに対して、用意していた複数のメールを定期的に配信することです。

クラウド型メール配信システムとは

クラウド型メール配信システムは、インターネット上で、管理画面にログインして利用するメールサービスです。システムをメンテナンスする必要がなく、ユーザーのメールアドレスを自分で管理できるというメリットがあります。高速配信や大量配信も可能です。ランニングコストがかかるというデメリットがあります。クラウド型メール配信システムの特徴は、ソフトのインストールが不要で、システムのメンテナンスやアップデートなどの作業が必要ないということです。インターネットの接続が可能であれば、どこでも利用できます。インターネット上で利用手続きをすると、IDとパスワードが発行され、サービスの管理画面からメールの一斉配信ができるようになります。コストをかけずに手軽に始められ、解約する時も簡単です。

メール配信APIとは、異なるシステム同士をつなげてメールを配信する機能のことです。最近は様々なシステムで利用できるAPIがあります。

© Copyright Expect To Deliver Mail.All Rights Reserved.